[PR]

 新成人も名刺を配って故郷の観光PRを――。愛知県半田市は地域の魅力を全国に広めようと、新成人に「オリジナル限定名刺」をプレゼントする。市によると、こうした試みは県内では珍しいという。奇抜なデザインもあり、半田の観光資源を話題にしてもらう狙いだ。

 表面のデザインは5種類あり、新成人10人による成人式実行委員会が約10案から選んだ。市の観光マスコットキャラクター「だし丸くん」や、現在の半田赤レンガ建物でかつて製造されていた「カブトビール」のポスター、市内に本社があるミツカングループのデザイン。さらに「半田市民は、山車!蔵!南吉!赤レンガ!!とうるさいですが、それしか無いのです。」と逆説的な表現で市のPR動画に誘導するものや、童話「ごんぎつね」の最終場面の言葉「ごん、お前だったのかー!」をショッキングピンクの背景に白抜きで書き、作者の新美南吉が半田市出身だと伝えるデザインもある。

 裏面は共通で、市の位置を示す地図と、半田運河、はんだ山車まつり、新美南吉の写真などを載せた。市の担当者は「若者の感覚で、受け取った人が突っ込みを入れたくなる名刺。大勢の新成人に使ってもらい話題になれば」。

 13日に市福祉文化会館(雁宿…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

デジタルコース・最大2カ月無料キャンペーン実施中!詳しくはこちら