[PR]

 九州新幹線西九州ルート(長崎新幹線)を巡り、中村法道知事は9日、佐賀市を訪れ、佐賀県の山口祥義知事と会談した。新鳥栖―武雄温泉間の整備方法について、この日も両県の主張は平行線に終わった。

 会談は、中村知事が申し込んでいた。ホテルで約1時間会食しながら非公開で行われ、両知事が会談後に別々に囲み取材に応じた。

 整備方法を巡っては、「全線フル規格」と「ミニ新幹線」に絞って与党のプロジェクトチーム(PT)が検討を進めているが、佐賀県側は巨額の負担などを理由に否定的だ。中村知事はこうした現状について「フリーゲージトレイン(FGT)の開発がうまく進まなかったことが原因」とし、「責任ある立場として国がしっかりと協議を進め、一定の方向性を明らかにしてほしいと(山口知事と)合意した」と話した。ただ、会談の成果を問われると「なかなか難しいですね」と語った。

 一方、山口知事も「FGT断念」に触れ、「破談の原因は国。国がしっかり打開する手立てを示すべきだと一致した」。長崎県が希望するフル規格については「現状のスキームでは考えられないと話した」と述べた。会談については「中村知事が私の当選祝いに来た」という認識で、「特に合意事項をまとめる会談ではない」と話した。(小川直樹)