[PR]

 仏紙リベラシオン(電子版)は9日、日産自動車前会長のカルロス・ゴーン容疑者(64)が、税法上の居住地を2012年にフランスからオランダへ移していたと報じた。フランスで課されていた富裕税の負担を逃れていたという。

 仏国籍を持つゴーン容疑者は、パリのほか東京やレバノンの首都ベイルートなどに自宅を持つ。同紙は、格差是正を掲げた社会党のオランド氏が大統領に就任し、富裕層への課税を強化したのが12年だったと指摘。ゴーン氏の居住地変更は税負担の軽減が目的だったとした。

 オランダで税法上の居住地と認…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら