[PR]

 東日本大震災から11日で7年10カ月。当時の小学生が今年、初めて成人の日を迎える。多くの命が奪われた宮城県石巻市の成人式は13日。本当なら出席するはずだった今野大輔君(当時12)の20歳の誕生日に、母はスーツを贈った。生きていれば、どんな晴れ姿だったろう。心は今もあの日につなぎとめられている。

 大輔君は石巻市立大川小学校の6年生だった。あの日、校庭から避難する途中、津波に巻き込まれた。児童と教職員ら計84人が犠牲になった。

 昨年11月12日。母のひとみさん(48)は大輔君の誕生日にスーツを買って、仏壇の前に飾った。身長はどれくらいか、髪は伸ばしているのか。知るすべもない。だから、サイズは夫の浩行さん(56)の体に合わせた。

 「お酒を飲むとか、たばこを吸うとか、全く想像ができなくて。私の中の大輔はいつまでも小学6年生のままなんです」

 大輔君が20歳の自分に宛てた手紙がある。卒業前に埋めたタイムカプセルが震災後、行方不明者を捜している中で見つかった。少し泥がついた手紙を、夫婦は大切にとっている。

 「20才の大輔へ」

 20才になったぼくは仕事を見…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら