【ノーカット動画】レスリング女子で五輪3連覇の吉田沙保里選手が引退会見=池田良撮影、瀬戸口翼配信
[PR]

 レスリング女子で五輪3連覇を果たし、国民栄誉賞を受賞した吉田沙保里選手(36)が10日、東京都内のホテルで引退会見を開き、「レスリングは全てやり尽くしたという思いが強く、引退することを決断いたしました」と理由を語った。今後は日本代表や至学館大の後輩たちの指導にあたるという。

 10日午後2時過ぎ、黒のワンピースに白のジャケット姿で会見場に姿を現した。冒頭で「33年間のレスリング選手生活に、区切りをつけることを決断いたしました」と述べた。16年のリオデジャネイロ五輪で銀メダルに終わり、4連覇を逃した後、自国で開催される20年東京五輪に出場するか「日々迷いながら、ここまで来た」と振り返った。だが、若手の世界での活躍を目にして、引退へと気持ちが傾いたという。

 五輪と世界選手権を16大会続けて制したが、最も印象に残っている試合には、リオ五輪の銀メダルを挙げた。「初めて2番目の表彰台に上った時に『あっ、負けた人ってこんな感じなんだな』ということを私は感じました。こうやって戦う仲間がいたから、いままで頑張ってこれたんだなというふうに、競い合う仲間がいたから、こうやってがんばってこられたんだなということも、負けて知ることができた。本当に負けて得るもの、負けて知るものということを思えば、すごく大きかった。私自身にも成長させてくれたなと思います」と語った。

 「レスリングとは」という質問については「人生の一つ。色んなことを学べた」と語った。今後の政界進出については否定した。

 三重県出身。04年アテネ、08年北京、12年ロンドンの女子55キロ級で五輪3連覇を達成した。ロンドン大会では日本選手団の旗手を務め、「女性旗手は金メダルをとれない」というジンクスをはねのけた。12年に国民栄誉賞を受賞。「霊長類最強女子」とも呼ばれた。

 だが、53キロ級で銀メダルに終わった16年リオ五輪以降は、日本代表や至学館大のコーチを務め、試合から遠ざかっていた。吉田選手は8日、自身のツイッターで「この度、33年間のレスリング選手生活に区切りをつけることを決断いたしました。ここまで長い間、現役選手として頑張ってこれたのも沢山の方々の応援とサポートのおかげです」とつづり、競技人生に終止符を打ったことを報告した。