[PR]

 日本で最初の女性報道写真家として知られる笹本恒子さん(104)の写真展が、長野県須坂市の県宝「旧小田切家住宅」で開かれている。戦中から平成まで、激動の時代を切り取ったり、著名人の素顔を収めたりした約40点を展示中だ。2月3日まで。

 作品は、小説家の宇野千代や佐多稲子らを撮った「明治生まれの女性たち」▽室生犀星や井伏鱒二、評論家の大宅壮一や歌舞伎役者の8代松本幸四郎らにレンズを向けた「あの時代、あの人」▽日米開戦前に催された日米学生会議や三井三池争議、安保闘争などを追った「笹本恒子が見た時代」の3章に分けて展示している。

 写真の説明では、笹本さんについて「子どもの頃から反戦主義」「三井三池争議が主婦の力で支えられていると聞けば(現場に)飛んでいった」などのエピソードも紹介している。

 作品は、国内の巡回展(201…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら