[PR]

 楽天は10日、自社グループのチームが拠点とする野球場・楽天生命パーク宮城(仙台市)とサッカー競技場・ノエビアスタジアム神戸(神戸市)の試合で、今年の開幕戦から完全キャッシュレス化すると発表した。プロ野球の東北楽天ゴールデンイーグルスのホーム戦と、J1ヴィッセル神戸のホーム戦が対象で、チケットなどの決済の大部分は、ほぼ電子マネーやカードのみとなる。

 スタジアムでのチケットやグッズ、飲食物などの購入で使えるのは、楽天グループのスマホ決済「楽天ペイ」、電子マネー「楽天Edy」、「楽天ポイントカード」のほか、他社も含むクレジットカードやデビットカード。現金は一部を除いてほぼ使えなくなる。

 楽天は自社グループの施設をキャッシュレス化して利便性を体験してもらい、自社のサービスへの「囲い込み」も図る。ホーム戦以外の試合やほかのイベントは対象外という。(栗林史子)