天皇陛下や皇族方の登場を予告するアナウンスが流れると、皇居・宮殿東庭に集まった人々から「ワーッ」という歓声と拍手がわき起こりました。予定にない「サプライズ」の登場。それはまさに、常に国民に寄り添う天皇、皇后両陛下のお気持ちの表れでした。

 2日にあった新年恒例の一般参賀。4月末に退位する陛下にとっては在位中最後の参賀で、当初から大勢の人出が予想されました。皇族方と宮殿のベランダに立った陛下は、集まった人々ににこやかに手を振り、マイクを通じて「新年おめでとう。晴れ渡った空のもと、皆さんとともに新年を祝うことを誠に喜ばしく思います。本年が少しでも多くの人々にとり、良い年となるよう願っています。年頭にあたり、我が国と世界の人々の安寧と幸せを祈ります」と語りました。

 平成最後の参賀に訪れた人は、平成に入って最多の15万4800人を記録。皇居周辺には徹夜組も含め早朝から長蛇の列ができ、宮内庁は開門を15分早めたり午後の登場時間を前倒ししたりしたほか、当初5回の予定だった登場回数を1回増やして対応しました。しかし6回目の登場中も会場内への人の流れは途絶えず、見られなかった人のために初回の登場時の映像を会場の大型スクリーンで流す工夫もなされました。

 それでも、長時間並んで入門したにもかかわらず、陛下の様子や映像すら見られなかった人が大勢いました。宮内庁幹部によると、6回目の登場時、会場に続々と入ってくる人々の姿を目にした両陛下は、せっかく足を運んで並んでくれた人々の気持ちに応えたいと、再び登場することにしたそうです。

 予定外の7回目の「サプライズ」の登場に、会場内の約4500人は感激した様子でした。そして陛下や皇族方がベランダを離れる際、報道陣はこれまでにない光景を目にしたのです。会場のあちこちで起こる「天皇陛下、バンザーイ」というかけ声ではなく、自然と湧き起こった拍手で見送られる陛下の姿でした。初回から6回目までとは異なり、7回目は少ない人数ではありましたが、何とも言えない心温まるシーンで、取材していた私たちにとっても印象的な場面でした。

 皇室の方々はどのようなお正月…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら