大統領会見に韓国内から批判 共通語は「ネロナムブル」

有料記事

ソウル=牧野愛博
[PR]

 韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領は10日に行った記者会見で、日韓関係はもちろん、経済政策や権力をめぐる疑惑などの問題でも、政権に対する批判の声をはねつけた。最大野党の自由韓国党はこの日、文氏の記者会見について、「民心とかけ離れた、自分のための現実逃避手段だった」と強く批判した。

 韓国では野党を中心に、様々な問題の責任について朴槿恵(パククネ)前政権や国外に求める傾向の強い文政権の姿勢について、「ネロ ナムブル」と批判する声が上がっている。

 「ネ(私)がやればロマンス…

この記事は有料記事です。残り806文字有料会員になると続きをお読みいただけます。