[PR]

 日本とロシアの平和条約締結に向け、河野太郎外相とロシアのラブロフ外相が14日にモスクワで会談する。安倍晋三首相とプーチン大統領が交渉責任者に任命した両氏による交渉は初めて。首脳間では交渉の加速化で一致したが、領土問題での隔たりは大きい。

 安倍首相とプーチン大統領が、平和条約締結後に歯舞群島と色丹島を日本に引き渡すと明記されている1956年の日ソ共同宣言を基礎に平和条約交渉を加速させると合意したのは昨年11月。翌12月の会談では両国の外相を交渉責任者に任命したが、その後、ロシア側は警戒感を強めている。

 安倍首相は今月4日の記者会見で、北方領土で暮らすロシア人住民について「日本に帰属が変わることについて納得していただくことも必要」と指摘。色丹島には約3千人が暮らしており、そうした住民への配慮を示した発言だった。

今月21日に行われる日ロ首脳会談。平和条約交渉入りを前に、ロシア側では警戒が強まる。背景には国内で高まる世論の反発がある。

 この発言に対し、ロシア外務省…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら