写真・図版

[PR]

 年始はなにかと行事が多く、食生活も乱れがちです。古くは縄文時代から食べられていた小豆(あずき)は低脂肪で高たんぱく。「ハレの日」や季節の節目に赤飯や小豆がゆを食べてきた伝統的な習慣に、倣ってみるのもいいかもしれません。

 日本豆類協会によると、豆類は大きく「炭水化物を多く含むグループ」と「脂質を多く含むグループ」に分かれる。小豆は前者。後者の代表には大豆がある。日本食品標準成分表で、100グラムあたりの成分は乾燥小豆が炭水化物58・7グラム、たんぱく質20・3グラム、脂質2・2グラムに対し、乾燥大豆(黄大豆)はそれぞれ29・5グラム、33・8グラム、19・7グラム。小豆は「健康維持やダイエットに最適な低脂肪・高たんぱく食品」(同協会)といえる。

 ミネラルやビタミンも豊富で、100グラムあたり鉄が5・4ミリグラム、ビタミンB1が0・45ミリグラム、同B2が0・16ミリグラム。京都府立大の松井元子教授(食品調理学)は「鉄はレバー、ビタミンB群は豚肉などと同じぐらい含まれている」と語る。

 小豆は、あんことして消費され…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら