[PR]

 あと3カ月少しで平成が幕を閉じます。今回は個人的な体験だけでの独善的な振り返り。あしからず。

 昭和から平成に変わったのは寒々とした正月明け。私はまだ29歳。教員になって4年目で薄給の身でありました。なのに世間はバブル真っただ中。なんの恩恵も受けていないのに株に手を出したり、友人と出かけたハワイ旅行で数十万円もするイタリアンブランドのスーツをカードローンで購入したり。バブルの雰囲気だけに浮かれて散財していました。バカ丸出し。これもローンですが、新車のクーペを乗り回していたなぁ……。

 私だけでなく日本人みんなの頭がおかしくなっていた気がします。日本を大きく変えたのがバブル崩壊、そしてその後の「失われた〇年」。〇には10または20が入るんですか? いえ、私の感覚では平成の丸ごと30が入る気がします。

 経済的に俯瞰(ふかん)しても、成長率がわずかにプラスであれ、それが比較的長く続いた時期があったにせよ、大部分の日本人にとってずっとジリ貧ですよね。GDPでも中国に抜かれ、1人当たりの生産性もぱっとせず、非正規の労働者ばかりが増え、長時間労働の割りには大して稼いでもいない。

 教員の世界はまさにその縮図。…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも