[PR]

多賀谷克彦の波聞風問

 新年、大阪市内で開かれた経済界や自治体の互礼会の話の中心は、2025年に地元開催が決まった万博だった。話題は会場となる人工島へのアクセスから跡地利用にまで及んだ。

 この数年、大阪、関西では、新たなビジネスや人材を創出するために必要な都市の機能は何か、という模索が続いていた。とりわけ再生医療のような他地域に先行する知見を産業創出に生かせないかという試みだ。万博のテーマ「いのち輝く未来社会のデザイン」もそうした問題意識が根っこにある。

 というのも、国内総生産(GD…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら