[PR]

 「誰でも居酒屋」。そんな名前の飲み会が東京・池袋などで定期的に開かれている。常連さんは50代、60代の若年認知症の人だ。昨年2月に始まって、ほぼ月1ペース。いろいろな人が顔をだして、結構繁盛している。

若年認知症
65歳未満で発症する認知症で、全国に4万人近くいると言われる。新オレンジプラン(認知症の国家戦略)では、就労や社会参加の支援など、若年認知症施策の強化が柱の一つとなっている。

 「ハイボール、濃いめね」。満面の笑みで飲み物を注文するのは、現役時代は大手化粧品会社に勤めていた男性(67)だ。3年前に認知症と診断された。

 酒席では陽気な盛り上げ役だ。少しお酒が進むと「昔おれが認知症だった時……」と話し始めて、同じ認知症の飲み仲間から「今もでしょ」と突っ込まれ、「あれ?」。みんなが笑いに包まれる。

 診断直後は苦しんだ。風呂に入…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら