[PR]

 和歌山県産ミカンと「猫用こたつ」を一緒に販売したら、注文が殺到した。「中田鶏肉店」(御坊市)が自社のネットショップ「チキンナカタ」で販売した「猫と、こたつと、思い出みかん。」が話題を集めている。

 「猫と、こたつと、思い出みかん。」(税抜き3922(サンキューニャンニャン)円)は、ミカン5キロと段ボール製の「猫用こたつ」をセットにした商品。「ライトノベル風」の可愛らしいデザインの段ボールに入っている。こたつを組み立てて自宅のブランケットなどを付ければ、「ミカンとこたつを楽しむ猫」を写真に収めることができる。

 昨年12月14日から販売を開始。こたつに入る猫の写真がかわいいとツイッターで話題になり、クリスマスごろに火が付いた。ツイッターやインスタグラムにはハッシュタグ「#猫とこたつと思い出みかん」が付いた猫の写真があふれた。これまでに1千箱近くが売れ、完売も近いという。

 販売したのは、御坊市や日高川町、有田川町の農家が育てた「天田みかん」「土生(はぶ)みかん」「有田みかん」など。有田みかんはもちろん、それ以外の地域にもおいしいミカンがあることをPRしたいと、中田鶏肉店専務の中田直希さん(43)が友人と企画した。

 冬と言えばこたつにミカン。猫好きの中田さんは「こたつと言えば猫」だと、猫専用のこたつを思いついた。企画した友人の紹介で知り合った段ボール製造業者に協力してもらい、こたつのアイデアを出し合った。「猫と写真を撮って思い出に残してもらい、ミカンのおいしさも知ってほしい。会社も地域も猫もハッピーになる、買って楽しいミカンです」と語る。

 売り上げの2%は、中田さんの友人が東京や大阪などで運営する保護猫カフェ「ネコリパブリック」に寄付する。さらに、ツイッターとインスタグラムでは写真コンテストを開催。12日までにハッシュタグ「#猫とこたつと思い出みかん」を付けてつぶやかれた投稿一つにつき2円を寄付するという。中田さんは「たくさんの反響がうれしい。猫が呼んでくれたご縁なので、猫に恩返しをしたい」と話している。(大森浩志郎)