[PR]

 高校女子バレーの下北沢成徳(東京)が、全国高校選手権(春高バレー)で、12日の準決勝で敗れた。高校総体、国体との3冠は惜しくも逃したが、同校出身で全日本メンバーの黒後愛(20)や小川良樹監督(63)の過去の取材から、下北沢成徳の強さの秘密に迫った。

 下北沢成徳は2002年に大山加奈、荒木絵里香を擁して初優勝。黒後がプレーした16、17年に2連覇するなど計4度の優勝を誇る。卒業後全日本で活躍する選手も多い。荒木、大山、木村沙織、冨永こよみら、タイプの異なる主力選手が輩出してきた。

■筋力トレーニン…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら