[PR]

 AKB48の姉妹グループで、新潟を拠点にするNGT48のメンバー、山口真帆さん(23)の自宅に押しかけて顔をつかむなどした暴行の疑いで、新潟県警が昨年12月に男性2人を逮捕し、不起訴処分になった事件で、NGT48の運営会社AKSが10日夜、見解を公表した。

 「山口真帆に関わる一連の騒動についてのご報告」との題名で、AKSはグループの公式ホームページに文章を掲載。「皆様にご心配とご迷惑をおかけしておりますことをお詫(わ)び申し上げます」と謝罪した。

 その上で、逮捕された2人の他に、「実行犯ではありませんが、この事件に関与していたファンの男1名も運営側で確認されました」と説明。「(山口さん以外の)メンバーの1名が、男から道で声をかけられ、山口真帆の自宅は知らないものの、推測出来るような帰宅時間を伝えてしまったことを確認しました。運営としては引き続き本件についての確認を続けてまいります」とも報告した。

 逮捕された2人と、関与していたというファン1人については「グループ内での公演、握手会、イベント等へは一切参加できない対応をしております」とし、今後は全グループメンバーへの防犯ベルの支給、自宅への巡回などの対策を徹底するとしている。

 山口さんは精神的なショックを受けているという。今回の事件について「本人から公表する形になってしまったことは、本人やファンの皆様への説明や対応が不十分だった為」だとし、今後は「メンバーとの信頼関係を築き、山口真帆をはじめ全メンバーの精神的ケアを、スタッフ一同全力で行っていく所存です」と説明した。

 NGT48は10日に新潟市のNGT48劇場で劇場公演デビュー3周年記念公演を行い、公演途中から山口さんも出演した。山口さんは騒動について謝罪するとともに、今後もグループでの活動を続ける意向を示した。