[PR]

 菅義偉官房長官は11日午前の記者会見で、元徴用工訴訟の判決などで悪化する日韓関係について、韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領が主に日本の対応に問題があるとの認識を示したことについて「韓国側の責任を日本側に転嫁しようというものであり、極めて遺憾だ」と強く反発した。

 会見で菅氏は「判決が確定した時点で、韓国側によって(日韓請求権)協定違反の状態が作り出された」とも強調。「韓国政府が具体的措置をとらず、原告側による差し押さえの動きが進んでいることは極めて深刻だ」と述べた。