[PR]

 冬場はノロウイルスによる食中毒や感染症が増えますね。家庭で下痢や嘔吐(おうと)が発生したときの、正しい掃除法を知っていますか? 除菌や消毒をうたう市販の掃除グッズには、大きく分けて2タイプあります。「ほとんどのウイルスに効く」「ノロ○○」とうたった製品もありますが、正しく選んで使わないと、ノロウイルスを排除できていないかもしれません。

固定するアルコール系、破壊する塩素系

 私たちが普段使っている除菌スプレーや消毒グッズ。よく見ると、主な成分は2タイプに分類できる。

 一つは「キッチン用アルコール除菌」などと書かれていることの多いエタノールなどのアルコール系で、もう一つは「ハイター」や「ミルトン」などで知られる次亜塩素酸ナトリウムなどの塩素系。微生物の制御に詳しい東京医療保健大学教授の岩澤篤郎さんによると、両者は働き方(殺し方)が少し異なる。

 詳しくはわかっていない部分もあるというが、アルコール系は、油を溶かす働きがあり、微生物の脂質の膜を壊したり、構造のすきまから入り込んで微生物が生きていくための機能をそいで殺す。一方、塩素系は、微生物の主にたんぱく質を酸化して、構造を壊して殺すと考えられているのだという。

 岩澤さんは「酸化はダイナマイトで壊すイメージ、アルコールはコンクリートでその場に固めてしまうイメージです」と話す。

ウイルスにも2タイプある

 では、どちらがノロウイルスに効果的かというと、実はウイルスにも2タイプあって、消毒成分への抵抗力に違いがある。

 一つは、ウイルスの粒子(たんぱく質のカラ)の周りに「エンベロープ」と呼ばれる脂質の膜をまとっているタイプ。これらは、脂質の膜を利用して人などの細胞に感染するため、脂質の膜を壊してしまえば感染力を失う(不活化)。このため、アルコール系でも簡単に不活化できる。インフルエンザウイルスなどはこちらに該当する。

 もう一つは、脂質の膜をまとっていない「ノンエンベロープ」と呼ばれるタイプ。胃腸炎を起こすノロウイルスやロタウイルスなどが該当するのだが、こちらはちょっと手ごわい。脂質の膜がないためアルコール系は効きづらく、不活化するには、たんぱく質のカラを物理的に破壊する塩素系のほうが効果的なのだという。

写真・図版

 ただ、最近では「酸性度を高めた」とか「広範囲のウイルスにきく」とうたうアルコール系の除菌・消毒グッズもある。アルコール系も効果はあるのだろうか?

ノロウイルスにもアルコール系が効く?

 実は、ヒトに感染するノロウイルスは、培養する技術がまだ確立できていないため、「本当に効くのかどうか」は、本当のところはわからない。とはいえ、まったく効果を調べられないわけではなく、ノロウイルスに近いネコカリシウイルスというウイルスを使って、除菌・消毒グッズの効果を調べた研究がある。

 国立医薬品食品衛生研究所のチームは2015年度に、市販されている除菌スプレーや医薬部外品の消毒グッズなど21種類(塩素系10種類、エタノール系11種類)について、ネコカリシウイルスをどれくらい不活化できるかを調べた。

 その結果、有機物のない環境であれば、塩素系は7種類に「十分な効果(ウイルス量が1万分の1以下)」が認められた。アルコール系は、「十分な効果」が認められた物はなく、7種類に「効果(100分の1以下~1万分の1未満)」があった。

 一方、実態に近づけるように有機物(肉エキス)を加えた環境では、塩素系は3種類が「十分な効果」に相当し、アルコール系は3種類に「効果」が認められたが、他はすべて「効果なし」だった。

 この結果が意味するところは、次の三つに整理できる。①塩素系の方がアルコール系よりも、ノロウイルスの感染力を弱める効果は高いものが多い。②アルコール系でも、ある程度効果のあるものもある。③ただし、便や嘔吐(おうと)物などの有機物が残っている状態では、どちらもウイルス量を減らす効果は落ちる。

 つまり、何を選ぶかも大切だが、どう使うかも大切だということ。便や嘔吐物をいい加減に拭き取って、あとはドバドバと除菌スプレーをかけおく……という使い方ではあまり意味が無いようだ。有機物があると、消毒成分が有機物とも反応してしまって菌に効果的に働かないのだという。

 調査を担当した上間匡さんは「汚物などはまずきれいに拭き取ることが大切です。その上で、ドラッグストアなどで入手しやすく、効果も確実な次亜塩素酸ナトリウムが、家庭では利用しやすいと思います」と話す。

自宅で嘔吐…正しい処理方法は?

 では、ノロウイルスを、家庭で正しく処理するにはどうしたらよいのだろう。子どもが布団やカーペットの上で吐いてしまうこともあるのが現実だ。

 ノロウイルスは、患者の便1グラムに10億個ほど、嘔吐物には1グラムに100万個ほど存在し、100個以下で感染すると言われる。便が1グラム残っている状況だと、ウイルス量を1万分の1にしても、まだ10万個もウイルスが残ってしまう。乾燥にも強く、カーペットの汚染から1週間ほどにわたって集団感染が起こったケースもある。

 とにかくまずは、汚物を取り除くことが第一歩。その上で、消毒グッズや除菌グッズを使う方が良さそうだ。

 

 厚生労働省のQ&Aによると、ノロウイルスの不活化には、「塩素濃度200ppm(0.02%)の次亜塩素酸ナトリウムで浸すように拭く」や、「85度以上で1分以上の加熱」が有効とされている。

 床などに飛び散った汚物を処理するときは、使い捨てのエプロン、マスク、手袋を着用して、まずペーパータオルで静かに拭きとる。その後、塩素濃度200ppmの次亜塩素酸ナトリウムで浸すように拭き取り、その後水拭きをするとよいという。家庭用の塩素系漂白剤でも代用でき、塩素濃度6%の製品なら300倍に、1%の製品なら50倍に薄めると、200ppmになる。

 家庭用の「ハイター」や液体の「ミルトン」を使った作り方は、メーカーによると次の通り。保管状況によっては塩素濃度が落ちている場合もあるので、あまり古い製品は使わない方がよいという。

写真・図版

 食器やタオルなどは、85度以上の熱湯で1分以上加熱するとウイルスを不活化できる。鍋に入れて煮沸すればOKだ。また、捨てられる物ならば、ポリ袋に入れて捨ててしまうという選択肢もある。

 では、鍋に入らないし簡単には捨てられない、布団などはどうしたらよいだろう?

 東京都健康安全研究センターの実験では、カーペットに熱湯をかけたり、家庭用の布団乾燥機を使ったりするだけだと、「85度以上を1分以上」という不活化条件はクリアできなかった。

 同センターの「ノロウイルス対策緊急タスクフォース」最終報告では、カーペットなら温度設定を「高」にしたスチームアイロンを、ぬらしたペーパータオルの上から1カ所に2分ほどあてる、布団なら洗濯・乾燥を行う専門の業者に依頼することが望ましいとしている。

 

<アピタル:医療と健康のホント>

http://www.asahi.com/apital/healthguide/honto/(鈴木彩子)

鈴木彩子

鈴木彩子(すずき・あやこ) 朝日新聞記者

2003年朝日新聞社入社。高松総局、静岡総局、東京本社科学医療部、名古屋本社報道センターなどをへて、2016年4月からアピタル編集部員。