[PR]

 奈良県斑鳩町の法隆寺で、昨年1年間の罪を悔い、五穀豊穣(ごこくほうじょう)や国家安穏を祈る「金堂修正会(しゅしょうえ)」が営まれている。8日から14日の7日間、1日6度の法要を繰り返す。

 11日、夜の法要が報道陣に公開された。午後6時、大野玄妙(げんみょう)管長ら9人の僧侶たちが金堂に入った。灯明が照らす堂内で、節をつけながらお経を読み上げたり、歩き回りながらほら貝とスズの音を響かせたりした。

 奈良時代の768年に始まったとされ、途切れることなく続く。大野管長は「世の中みんなが平和で安心して暮らせる社会を願って法要をしています。去年は災害が多かったので、今年こそ災害の少ない年であってほしいです」と話した。(根本晃)