[PR]

 山梨学院大の学生が11日、「中心市街地の活性化」をテーマにした研究成果を甲府市役所で発表した。無料駐車場の整備や東京に近い利便性を生かしたサテライトオフィス誘致などの具体策を提言した。

 今井久教授が指導する科目「地域課題総合研究」の締めくくりとして、2~4年の学生約30人が6班に分かれ発表。岸川仁和副市長や市職員が聴き入った。

 学生たちは、フィールドワークの結果をもとに「若者が入りづらい店が多い」などと分析。「高校生や大学生が勉強したり、企業の人と話をしたりできるカフェをつくる」などと提案した。

 リニア中央新幹線開業に触れ、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら