長崎)田上市長の一問一答「審査のあり方は変わらない」

有料記事

小川直樹
[PR]

 被爆者健康手帳の申請を却下された元徴用工への被爆者健康手帳交付を命じた長崎地裁判決を受け、控訴しない方針を11日に示した長崎市田上富久市長の一問一答は次の通り。

 ――控訴しない理由は

 裁判所は、原告の主張の一貫性とか信用性で(証言を)判断しており、市の手続きは必要な調査・審査を行ったとしっかりみてもらった。(制度論ではなく)個別案件として、総合的に判断した。

 ――同じ被告である国とも合…

この記事は有料記事です。残り285文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。