【動画】特別背任事件でも鋭く主張が対立するカルロス・ゴーン氏と東京地検特捜部。構図をわかりやすく解説=グラフィック・荻野史杜
[PR]

 昨年11月19日の逮捕から50日超の身柄拘束を経て、日産自動車前会長のカルロス・ゴーン容疑者(64)が東京地検特捜部に追起訴された。世界的に注目された事件を通じ、日本の刑事司法を「閉鎖的」とする疑念が海外からつきつけられた。今後は、ゴーン前会長が保釈されるかどうかに注目が集まる。

 11日午後、東京・霞が関の東京地検で開かれた久木元(くきもと)伸・次席検事の記者会見には、多くの海外メディアが詰めかけた。

 「否認の場合は勾留が長くなるようだが、制度は今のままでいいと思うか」。米紙ウォールストリート・ジャーナルのピーター・ランダース東京支局長(49)は今回の捜査を通じて注目が集まった「長期勾留」について質問したが、久木元氏は「法制度のデザインを検討する機関ではありませんので、お答えを控えます」とかわした。

 事件では勾留期間だけでなく、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

デジタルコース・最大2カ月無料キャンペーン実施中!詳しくはこちら