[PR]

 平昌(ピョンチャン)五輪のフィギュアスケート男子で66年ぶりの連覇を達成した羽生結弦(ANA)が、テレビ朝日ビッグスポーツ賞を受賞し、11日に東京都内であった表彰式でビデオメッセージを寄せ、来季への抱負を語った。「来シーズンこそグランプリシリーズを通して優勝を目指したい」とコメントした。また、「来シーズンは4A(4回転アクセル)込みのパーフェクトパッケージを目指します」と目標がつづられた映像も流れた。

 羽生は同日あった日本スポーツ賞でも大賞を受賞した。

 羽生は昨年11月下旬、グランプリ(GP)シリーズ第5戦ロシア杯で再び右足首を負傷し、GPファイナル、全日本選手権を欠場。3月にさいたま市である世界選手権代表に選出されており、出場に向けて調整を続けている。