[PR]

 落語家の三遊亭京楽さん(55)=新宿区=が、阪神・淡路大震災を題材に演じた「防災落語」を絵本にした。災禍のさなかに起きた実話をもとに、師匠の5代目・三遊亭円楽さん(故人)と中身を練った作品だ。

 タイトルは「ゴキブリの子守唄」。2匹のゴキブリがそれぞれ住み着いた家が、阪神大震災で被災した直後の場面で幕を開ける。2匹が見た、傷ついた人や街が描かれる。

 家主の娘が通う小学校が再開した。自宅が崩れて亡くなった校長先生への追悼文が読み上げられる。

 最後の言葉が「子どもたちは大…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら