[PR]

 日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長(71)が汚職に関わった疑いがあるとして、フランス当局が訴追に向けた手続きに入っていたと現地紙が報じた。司法手続きは今後、どう進むのか。

 フランスの刑事司法制度に詳しい神奈川大学法科大学院の白取祐司教授によると、検察官の請求を受け、正式な裁判を開くかどうか、予審判事が判断する。予審判事は自ら捜査を指揮し、証拠を集め、容疑者を尋問することもできる。

 裁判を開く必要がないと判断す…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら