[PR]

 土木技術者らが作業現場で撮影した写真が、福岡市の福岡第二合同庁舎で展示されている。絶景の鉄路や闇夜に照らされた都市高速など24点が並ぶ。

 2014年に土木の専門家を中心に結成した「土木写真部」の作品。SNSに投稿された2千枚や展示用に撮影した写真から、九州7県の風景を選んだ。

 同写真部福岡支部長の松永昭吾さん(48)は「構造物の美しさや歴史を知って」。インスタ映えしそうなインフラを堪能できそう。平日のみで25日まで。