[PR]

 14日に青森山田の優勝で幕を閉じた全国高校サッカー選手権大会。8年前のこの大会で準優勝した男性がピザ職人になり、昨年6月に左京区で店をもった。8年前に頂点まであと一歩まで迫った経験があるからこそ、1年半の本場イタリア・ナポリでの修業に耐えられたという。

 ナポリピザ専門店「ピッツェリア ダ チーロ」は、銀閣寺(京都市左京区)から西へ徒歩10分。営んでいるのは中野剣司(けんじ)さん(26)と妻の彩果(あやか)さん(26)だ。

 剣司さんは2011年1月10日、建て替え前の東京の国立競技場のピッチに立った。府立久御山高校(久御山町)の副主将を務めていた。同校は細かい足技のうまさから、スペインの名門クラブ「FCバルセロナ」にちなみ、「京都のバルサ」と呼ばれていた。

 相手は神戸市の滝川第二高校。…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら