[PR]

(魂の中小企業)TENGAの挑戦①

 自動車、テレビ、パソコン、化粧品……。世界中で売れている日本企業の商品は、いろいろあります。

 日本の中小企業が開発し、60を超える国々で売れている商品があります。

 その名は「TENGA」。

 男性用のマスターベーション用のグッズです。2005年に発売され、昨年7月、累計の出荷数が7400万個を突破しました。

 55歳である私ですが、いろいろなアダルトグッズにお世話になってきました。けれど、かつて手に取ったことがあるマスターベーション用のグッズは、ひどいものでした。

 たしか、エッチな言葉や絵が描かれていたように思います。でも、いったい誰がつくったのか分かりません。安全なのかも分かりません。なので、使う気になれませんでした。

 今回の取材でTENGAを手にし、私は驚きました。

 まず、形がきれいで、おしゃれなのです。整っていて美しいことを「典雅」と言いますね。それをアルファベットにしたのが、商品名なのだとか。

 そして、真剣に、責任をもってつくっている姿勢に好感を持てました。製造元と販売元が書いてあったのです。問い合わせ先として、お客様相談センターの電話番号も記されていたのです。

 そして、そして。注意書きを読んで、思わず笑ってしまいました。こんな風に書かれていたのです。

 ○幼児の手のとどかないところに保管してください。

 それはそうですよねえ。こうもありました。

 ○誤って口などに入れた場合の責任は負いかねます。

 入れることができるほど大きい口を持っている人は、「びっくり人間」です。その昔、伝説となった「口裂け女」なら入るでしょうか。

 製造元・販売元として書かれている会社は、女性用のグッズも開発しています。不妊に悩む人たちを助ける商品も開発しています。ある商品は障がい者の性を支えています。また、医療現場でも使われています。

 その会社は、こんなビジョンを掲げています。

 「性を表通りに、誰もが楽しめるものに変えていく」

 私が言うのも僭越(せんえつ)ですが、昔から性は秘め事でした。もちろん、今も秘め事ではあります。けれど、男も女も、人に危害や迷惑をかけない限り、個人の快楽、心地よさを求めるのは自由です。愛を確かめあうのも自由です。性のことで悩んでいるなら、胸を張って相談すればいいのです。

 取材をしていて、そう、あらためて思った次第です。

 その会社の調査では、日本人のマスターベーション経験率は、男性が96%、女性が58%。そして、日本の男女4人に1人が、アダルトグッズを使ったことがあるのだとか。

 さて、その会社、つまりTENGAの製造・販売元の名は、ズバリ「TENGA」。東京都港区にオフィスがあります。社員およそ100人、年商60億円弱の会社です。

 社長以下、みなさん、熱いんです。愛と自由の騎士として、世界を変えたいと頑張っている人たちの集まりなのですから。

 今回は4回にわたって、この会社の挑戦をひもときます。

 まずは、起業した社長の物語か…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら