[PR]

 圧勝で2大会連続の決勝へ――12日にさいたま市の埼玉スタジアムであった第97回全国高校サッカー選手権大会の準決勝で、前回大会準優勝の千葉県代表の流通経大柏は5―0で瀬戸内(広島)を破り、3度目の決勝進出を決めた。決勝は14日、同スタジアムであり、青森山田と対戦。前回敗れた決勝の舞台で、11大会ぶり2度目の優勝を目指す。

 これまでの試合で最多となる5得点を決めた流通経大柏。初出場の瀬戸内相手に強さを見せつけた。

 前半4分にMF岡本竜選手(3年)が先制点を決めると勢いに乗った。同10分、右クロスをMF藤井海和(かいと)選手(1年)が左足で流し込み、同42分にはDF関川郁万選手(3年)が頭で3点目。後半も攻撃の手を緩めず、まずMF熊沢和希選手(3年)が巧みなコントロールからミドルシュート。途中出場のMF渡会武蔵選手(2年)もCKのこぼれ球を右足で決めた。

 前線から激しくプレスをかけ、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら