[PR]

 この冬初めての小雪がちらつく中、東京都港区六本木の六本木ヒルズの屋上庭園で12日、住民の家族連れやオフィスに勤務する人たち約150人が、臼と杵(きね)を使ってもちつきをした。

 もちつきは岐阜県郡上市の人たちが、同県のもち米「たかやまもち」を使って行った。かけ声をかけてもちつきを始めると、親子連れがずらりと列を作った。

 この日はつきたてのおもちを入れたお雑煮と、郡上の郷土料理で炒めた漬物を卵でとじた「漬物ステーキ」がふるまわれた。小3の中居英真(えま)さん(9)は「杵が重かったけど、ぺちゃっとおもちをついたときは気持ちよかった。お雑煮は体があったまって、おいしい」と喜んだ。

 ヒルズの屋上にある庭園では昨…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら