[PR]

 桜島の大噴火で58人の犠牲者が出た「大正噴火」からちょうど105年となる12日、鹿児島市は、桜島の大規模噴火を想定した防災訓練を実施した。桜島の住民や消防など計約4700人が参加。住民約140人はフェリーに乗り、鹿児島港へと向かった。訓練は49回目。

 訓練は、急激な地殻変動が起こり、島内を震源とする火山性地震が増加し、噴火警戒レベルが5(避難)に引き上げられたという想定で行われた。

 午前10時に桜島全島へ避難指示が発令され、島内には避難を呼びかける防災無線のアナウンスが響いた。

 桜島西部の住民は三つの避難港…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら