[PR]

 大学ラグビーで、明治大学が22年ぶりの王座に返り咲いた。12日の全国大学選手権決勝。22―17で天理大の猛追を振り切った。4年生の結束がもたらした、悲願達成だった。

 明大の決勝のテーマは「EXCEED(エクシード)」(超えるの意味)。最上級生が決めた今季の合言葉でもある。昨日の自分を、帝京大に1点差で敗れた去年のチームを、そしてライバルたちを超える。そんな思いを込めた言葉が、個性派ぞろいのチームを一つに結んだ。

 決勝2日前の10日早朝、明大…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら