[PR]

 大相撲初場所(東京・国技館)は13日、初日を迎え、進退がかかる横綱稀勢の里は小結御嶽海に敗れ、黒星スタートとなった。

 稀勢の里は新横綱だった2017年春場所以降、過去の初日の成績が2勝5敗。初日を落とした5場所は全て途中休場に追い込まれている。

 九州場所では初日から4連敗し、途中休場。横綱審議委員会から事実上の最後通告となる異例の「激励」を決議され、今場所は進退がかかっている。