[PR]

 サッカーの第27回全日本高校女子選手権大会は13日、神戸市の神戸ユニバー記念競技場で決勝があり、星槎(せいさ)国際湘南(神奈川)が1―0で常盤木学園(宮城)を破り、初優勝を飾った。星槎国際湘南は創部5年目で頂点に立った。

 星槎国際湘南は前半23分、DF黒柳智世が約30メートルの直接FKを決めて先行。その後の常盤木学園の猛攻を耐え、1点を守り抜いた。