[PR]

 バスケットボールの全日本選手権は13日、さいたまスーパーアリーナで男子決勝があり、千葉が延長戦の末、栃木に71―69で逆転勝ちし、3連覇を達成した。

 決勝は、Bリーグ1部で勝率1位の千葉と同2位の栃木との対戦。第4クオーター(Q)を終えて60―60で延長戦にもつれ込んだ。リードを許した千葉は試合終了残り3秒で、PG富樫勇樹が3点シュートを決めて逆転勝ちした。