[PR]

 中東レバノンのシリア難民キャンプで、2018年末から大雨や雪に断続的に見舞われ、洪水による被害が続いている。国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)が11日、発表した。

 UNHCRによると、シリア国境に近いレバノン東部ベカー渓谷のシリア難民キャンプでは、ここ数日にわたって大雨や雪が続き、難民のテントが水浸しになっているという。

 内戦でシリア国外に逃れた難民約560万人のうち、レバノンは約100万人を受け入れている。年末からの洪水被害で、同国のシリア難民キャンプでは1人が亡くなり、1万人以上がテント浸水などの被害にあったという。

 また、在英の反体制派NGOの…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら