[PR]

 第9回県市町村対抗駅伝競走大会(宮崎陸上競技協会など主催)が14日、宮崎市内の12区間(39・2キロ)であり、26市町村から45チームが参加した。「市郡の部」では宮崎市A(2時間1分19秒)が4年連続6回目、「町村の部」では三股町A(2時間8分39秒)が2年連続6回目の優勝を果たした。

 宮崎市Aは、区間新記録を出した3区の荒木勇人選手(宮崎日大高3年)など、九つの区間賞を達成。一度も首位を譲らず、2位に4分26秒差を付けてゴールした。入船満監督(39)は「選手全員がベストを尽くし、予定通りのレースができた。第10回を迎える来年も、地元の皆さんに応援される走りを見せたい」と話した。(高橋健人)