[PR]

 シリアからの米軍撤退を巡り、トランプ米大統領は13日、米国が共闘してきた少数民族クルド人の武装組織「人民防衛隊」(YPG)の保護を訴え、YPGと対立するトルコが攻撃すれば「経済的に破壊する」と経済制裁を示唆して警告した。トルコ側は即座に反発し、YPGとの戦いを続ける姿勢を示した。

 トランプ氏はツイッターに「長く待たれたシリアからの撤退が始まる」と投稿。「20マイル(約32キロ)の安全地帯をつくる」と、シリア国内のトルコ国境付近に緩衝地帯を設ける案を示唆する一方、クルド側にも「トルコを挑発して欲しくはない」と釘を刺した。

 米国はシリアでの過激派組織「イスラム国」(IS)の掃討作戦で、YPGを支援してきた。一方のトルコはYPGを自国の非合法武装組織「クルディスタン労働者党」(PKK)と一体のテロ組織と認定し、越境軍事作戦を宣言している。

 トランプ氏が12月に突然表明…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

デジタルコース・最大2カ月無料キャンペーン実施中!詳しくはこちら