天皇、皇后両陛下は14日、東京・上野の国立西洋美術館で開催中の「ルーベンス展」(朝日新聞社など主催)を鑑賞した。17世紀のバロック美術を代表する画家ルーベンスの作品約40点などを展示。天皇陛下は、日本で初公開の「聖アンデレの殉教」を興味深そうに見ながら、「これは描くのに大変な時間がかかるでしょう」などと話していた。展示は20日まで。(緒方雄大)