[PR]

 新潟のアイドルグループNGT48の山口真帆さん(23)が男らに自宅に押しかけられるなどした問題をめぐり、グループの運営会社「AKS」(東京)の運営責任者である松村匠取締役が14日午前、都内で報道各社の取材に応じ、「ファンはもちろんメンバーに不安な思いをさせてしまい、本当に申し訳ありませんでした」と謝罪した。

 NGT48はAKB48の姉妹グループでいずれもAKSが運営。問題が発覚してから、AKS幹部が公式の場で発言するのは初めて。NGT48のプロデューサーも務める秋元康氏にも報告したといい、松村氏は「(秋元氏は)憂慮していた。叱責(しっせき)された」と話した。

 この日、神田明神(東京都千代田区)でNGT48のメンバー3人も参加したAKB48グループの成人式イベントがあった。終了後に松村氏のほか、新しくNGT48劇場支配人、同副支配人にそれぞれ就任した早川麻依子、岡田剛の両氏が取材を受けた。

 AKSは同日未明、劇場支配人を今村悦朗氏から早川氏に交代させる人事を公式サイトで発表した。松村氏は交代の理由について「(早川氏が)女性ということで、メンバーの立場を理解し、新たなNGT48を作り上げたいという思いから起用した」と説明。「(今村氏が)問題の責任を取った形ではないか」との見方を「一切ない」と否定し、「人事異動だ」と強調した。今村氏はAKSに残るとみられるが、異動先は決まっていないという。

 事件は昨年12月8日夜に発生…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら