[PR]

 発達障害のある人たちが航空機に乗って旅行する流れを模擬体験するツアーが、成田空港であった。全日本空輸(ANA)と成田国際空港会社(NAA)の主催。東京、千葉、神奈川、埼玉、群馬の各都県から5~48歳の障害者とその家族計43人が、周りのスタッフに支えられながら「飛行機の旅」を楽しんだ。

 発達障害のある人は慣れない空港や飛行機でパニックを起こすことがあり、家族は飛行機での旅行をあきらめている――。そんなことを聞いたANAの社員の発案がきっかけで「事前に体験することで気軽に飛行機旅行ができるように」と企画された。2回目で前回は対象が子どものみだったが、今回は大人にも広げて14日に開催された。

 参加者たちは出発ロビーの案内カウンターで「トイレはどこですか?」などと質問。機内に持ち込んではいけない物をクイズ形式で学び、搭乗手続きや保安検査を済ませると、航空機の中へ。

 実際には動かなかったが、シー…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら