「首相が閣議前にお伝えすべきだ。配慮を」国士舘大特任教授・百地章氏(72)

「『天皇の元号』の名残、憲法上問題」九大名誉教授・横田耕一氏(79)

平成に代わる新しい元号の公表まで3カ月を切った。新憲法下での「国民の元号」という意識は定着したのか。事前公表をめぐり政府と保守派が対立するなど、まだまだ元号には根深い問題が残る。時代の象徴として元号を語る意味や暦のありようについて改めて考える。

百地氏

 ――政府は4月1日に新元号を閣議決定・公表、即日公布します。即位・改元の1カ月前となりました。

 「政府の決定は大変遺憾だ。官…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら