[PR]

 ポーランドの主要都市の一つ、グダニスクのパベウ・アダモビッチ市長(53)が13日夜、刃物を持った男に刺され、14日に死亡した。同市長は、国政野党の「市民プラットホーム(PO)」の地方支部創設にかかわり、男は犯行直後、「POが与党だったときに不当に刑務所に入れられた」という趣旨の言葉を叫んだという。

 地元メディアによると、性的少数者を擁護するなどリベラルな市長として知られていたアダモビッチ氏は、恒例の募金運動のイベントでステージに立っていたところを襲われた。男は会場にメディアのバッジを身につけて入り、犯行後に警備員に取り押さえられた。

 アダモビッチ氏は1980年代に同国の民主化運動に携わり、98年から同市の市長を務めた。POのグダニスク支部の創設者のひとりで、2015年に党を離れた。(ベルリン=高野弦)