[PR]

 中国・遼寧省大連市の中級人民法院(地裁に相当)は14日、麻薬密輸の罪に問われたカナダ人男性に死刑判決を言い渡した。一度は同法院で懲役15年としながら、上級審で差し戻された上での極刑判決。カナダ当局による通信機器大手・華為技術(ファーウェイ)幹部の逮捕をめぐり両国関係が悪化する中、さらなる火種となりそうだ。

 被告はロバート・シェレンベルグ氏(36)。2014年11月末に大連の港から約222キロの覚醒剤をオーストラリアへ密輸しようとした罪などに問われた。覚醒剤は港の倉庫で見つかり、判決は2週間ほど大連に滞在した被告が「何度も密輸に関わっている国際犯罪組織の一員で、主犯として密輸の準備をした」とした。被告は「旅行で滞在しただけで無関係」と否認していた。

 昨年11月の一審判決は「従属的な立場で関わった」と認定し懲役15年と罰金15万元(約240万円)を言い渡し、被告が上訴。12月末の同省高級法院(高裁に相当)の審理では、被告が無罪主張を続ける一方、検察側が「組織の一員である新たな証拠が見つかった」とし、同法院は審理を差し戻した。

 中国の刑法では薬物の密輸は重罪で、覚醒剤50グラム以上で死刑になる可能性があると規定されている。一方のカナダは死刑制度を廃止しており、判決が確定に至れば執行停止の要求などの対応をとる可能性がある。

 華為幹部が逮捕された昨年12月以降、中国とカナダの関係は緊張が続いており、カナダ外務省によると今月3日までに中国国内で13人が拘束された。今回の判決も含め中国外務省は報復措置との見方を否定するが、差し戻しからわずか16日後の判決は異例。法院も審理を内外のメディアに公開し、中国メディアは死刑判決を相次ぎ速報した。

 中国では09年、4キロの麻薬…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら