[PR]

 J1川崎は15日、MF板倉滉(こう)(21)が、昨季のイングランド1部王者マンチェスター・シティー(C)へ移籍すると発表した。イングランド1部でのプレーには英国の労働許可証が必要で、日本代表での出場歴などが発給の判断材料となるが、代表に選ばれたことのない板倉については難しい見通し。そのため同日、オランダ1部フローニンゲンへの期限付き移籍も発表された。期間は2020年夏まで。同クラブには日本代表MF堂安律がいる。

 板倉は川崎の下部組織出身。昨年はJ1仙台に期限付き移籍し、東京五輪を目指す21歳以下日本代表の一員としてアジア大会にも出場。主力としてチームの銀メダル獲得に貢献した。

 マンチェスターCは世界的な名将であるグアルディオラ監督が率い、ベルギー代表MFデブルイネなど強豪国の代表選手がそろうスター軍団。2017~18年シーズンには4季ぶり5度目のリーグ優勝を果たし、今季は現在、首位と勝ち点差4の2位につけている。