拡大する写真・図版 FATで復活した「とんスパ」=2019年1月、名古屋市港区入船2丁目、山本知佳撮影

[PR]

 かつての人気メニューが6年前、二十数年ぶりに復活した。名古屋市港区入船2丁目の喫茶店「FAT」が提供しているのは、いまはなき別の喫茶店の看板メニューだ。思い出の味を求める人のほか、今では観光客を呼び込む料理にもなっている。

 復活したのは「とんスパ」。太めのスパゲティの上にとんかつを乗せ、トマトベースのソースがたっぷりかけてある。酸味の利いたソースは野菜の甘さが特徴で、素朴な味だ。

 とんスパはかつて、港区の築地口商店街にあった喫茶店兼レストランの人気メニューだった。地元の人たちは入学式の後や結婚記念日など、祝い事の際によくこの店に訪れていたという。FATのマスター、岡直樹さん(55)も、時々家族で訪れていたことを覚えていたが、店はいつの間にか閉店していた。

 とんスパ復活のきっかけは、ま…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。