[PR]

 厳寒期に巨大な氷瀑(ひょうばく)が見られるなど人気のスポットである雲竜渓谷(栃木県日光市)。女峰山(にょほうさん、標高2483メートル)中腹に位置する渓谷を、日光市山岳連盟と雲竜渓谷利用事業者安全協議会の関係者が視察した。滑落や落氷の危険性を確認、注意を呼びかけている。

 視察は12日、関係者34人が参加して行われた。冬山登山シーズンを迎えルートの確認や危険場所を把握し、事故防止策を行うのが目的だ。近年、砂防ダム工事や台風などで地形が変化し、登山ルートが変わるためにこの時期の視察は特に重要という。

 ピッケルを持ち、アイゼンを履き、ヘルメット姿のフル装備の視察メンバーは午前7時半に出発。日光市街地から稲荷川沿いの登山ルートをたどり、3時間かけて現地に入った。

 この時期の渓谷は、まさに「氷…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら