[PR]

 有識者や行政関係者らでつくる「池田動物園の未来を考える会」は15日、「改革提言」を園側に手渡した。入園者の減少による経営危機に直面する園の再生に向け、提言には動物園の顔となる新たな動物の導入などが盛り込まれた。

 「考える会」は同園が2017年6月に岡山市に市営化を求める要望書を提出したことを受け、昨年4月に発足。改革案について議論を重ねてきた。

 提言は「(同園は)公営化を議論する段階には至っておらず、企業努力の中で何ができるか」との前提でまとめられた。「企業努力」のために着手する事業として、新たな動物の導入のほか、5月の連休前に入場ゲートをリニューアルすることを提案した。

 財源確保の施策としては、企業…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら