[PR]

 生で皮ごと食べられる宮崎県産完熟きんかん「たまたま」の販売が15日、解禁された。宮崎市の市中央卸売市場では1キロ5万円の過去最高値がついた。今年から包装パックにビタミンCなどが豊富に含まれていることを表示できる「栄養機能食品」として販売。健康志向の消費者へPRする。

 栄養機能食品は、消費者庁が定めた栄養素の基準を満たした加工品や生鮮食品。ビタミンや鉄、カルシウムなどの栄養素ごとに基準が設けられている。

 県などは昨年、県内の延べ36農場で生産された完熟きんかんを分析。200グラム(6、7個程度)を食べるとビタミンCは1日の摂取目安量の45~150%、ビタミンEは30~129%補給できると分かり、栄養機能食品の基準を満たした。

 この日は市中央卸売市場で解禁イベントがあり、たまたまが市場関係者に振る舞われた。出席した郡司行敏副知事は「きんかんは体にいいとか風邪の予防にいいという話はあったが、しっかりと表示して販売できるようになった。全国の消費者に宮崎のきんかんを食べてほしい」とあいさつした。出荷のピークは2月上旬から下旬の見込み。(伊藤秀樹)